ハヤトのブログ

旅行・鉄道好きが訪れた旅路をたっぷりの写真とともにお届けしています!

千葉ローカル鉄道の旅~小湊鉄道→いすみ鉄道で房総横断!~

こんにちは!

連休中に特に予定もなかったので、ふと思い立って千葉のローカル鉄道に乗りに行って来ました!

↓今回のお品書き…

実は鉄道好きだったりするので(・ω・)

前々から気になってた小湊鉄道といすみ鉄道に乗って来ました!

以前五井に行った時に、ホームに止まってるレトロな電車を見て気になってたんですよね(´∀`)

f:id:ho8810:20180508232003j:plain

五井駅を目指す!

五井までは武蔵小杉から君津までの直通の快速で、リッチにグリーン車に乗って行きました!

f:id:ho8810:20180508225958p:plain

起きたのが遅かったので…五井に着いたのはお昼過ぎ…(;゚ロ゚)

小湊鉄道

この小湊鉄道って休日に予約制のトロッコ列車が走ってるんです!
ネットで調べたら2日前までだったらネットか電話で予約出来るらしいのですが、当日に思い立って出かけたので、もちろん予約出来るハズもなく…(;゚ロ゚)

空きがあれば当日券もあるらしいのですが、この日はGW真っ只中…。

小湊鉄道はJR内房線と接続する五井駅から、いすみ鉄道と接続する上総中野駅までを結び、上総中野駅からはいすみ鉄道でJR外房線と接続する大原駅まで房総を横断しています。

途中の上総牛久駅までは通勤通学需要があるらしく区間列車が多くあります。(1時間あたり1~2本程度)
が、そこから先は本数が激減します。(2~3時間に1本程度)

トロッコ列車は上総牛久駅から、上総中野駅の1つ手前の養老渓谷駅までを通常列車の倍近くかけてゆっくりと走ります。

f:id:ho8810:20180508230328j:plain

今回はダイヤ的には、13:16発の列車で上総牛久駅まで行って、14:02発のトロッコ列車に乗り換えて養老渓谷駅まで行って、そこで約1時間の乗り継ぎ待ちをして16:04発の列車で上総中野駅まで行くのがベストですが、トロッコ列車に乗れるかが分からなかったので、確実なのは2時間後の14:58発の直通列車まで待つ選択…。
この直通列車はトロッコ列車に乗っても、養老渓谷駅から乗るのと同じ列車なので、養老渓谷駅での観光時間がとれるかどうかの違いしかないけど、せっかくならトロッコ列車にも乗りたいし、観光もしたい!!
と、いうコトで、とりあえず上総牛久駅まで列車に乗るコトに。

小湊鉄道はSuica・PASMO等のICカードには対応していないので、JRからの乗り換えの際は乗り換え口にある出場機にタッチするのを忘れずに。

切符売り場にいたおばちゃんが親切で、大原駅まで行きたいと伝えると、房総横断券がいいと教えてくれました。

小湊鉄道のフリー切符は1800円で乗り降り自由ですが、この房総横断券は前にしか進めないけど途中下車は可能で、五井駅から大原駅まで1700円で行けちゃうお得な切符(´∀`)

五井駅から上総中野駅まで1410円、大原駅まではトータルで2130円なのでかなりお得でした!

乗り換え案内で五井駅から大原駅までを検索すると小湊鉄道→いすみ鉄道よりも、内房線→外房線のほうが断然安くて早く着くよ!って言われますが…(笑)

f:id:ho8810:20180508231240p:plain
f:id:ho8810:20180508231250p:plain

切符を買ってホームに降りるとレトロなオレンジ色の車両が止まっていました。

f:id:ho8810:20180508190630j:plain

f:id:ho8810:20180508191941j:plain
この列車は上総牛久駅までの区間列車

2両編成の車両の車内は空席も目立ちガラガラでした。

車内広告は出す企業がないのか、自社広告ばかりでした。
f:id:ho8810:20180508192227j:plain

普通の電車と違って、電化されていないので、エンジン音が鳴り響くバスのような独特な不思議な感覚(´∀`)

途中は無人駅が多く、昭和にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

トロッコ列車

トロッコ列車の当日券は上総牛久駅で先着順で販売しているとのコトだったので、上総牛久駅に着いたら急いで販売所へ。

なんと!
運良く当日券をゲット出来ました!!(≧∀≦)

ホームには既にトロッコ列車が(≧∀≦)

f:id:ho8810:20180508192824j:plain

f:id:ho8810:20180508192859j:plain
窓のない展望車が2両と、窓のある普通車が2両の4両の客車があります。

展望車のほうが人気らしいので、普通車の当日券を購入。

座席は自由席なので、当日券を持ってる人は予約してた人たちが乗り込むまでは乗車出来ません…(;゚ロ゚)

車内は混雑してはいましたが空席もあり座るコトが出来ました!

途中2駅ほど停車駅があり、乗り降り出来るようでしたが、途中駅から乗って来た方は立ち乗りでした。
多分、空席を探したりバラバラで良ければ座れたかも?

大銀杏がある駅や、
f:id:ho8810:20180508233038j:plain
トトロの絵が書いてある駅や、テレビでも紹介されていた日本一広いトイレのある駅(女子トイレのみ)などを過ぎ、養老川を渡りながら
f:id:ho8810:20180508233141j:plain
f:id:ho8810:20180508233300j:plain
養老渓谷駅までゆっくりと走ります。

f:id:ho8810:20180508193601j:plain
かわいい機関車が引っ張ります。

養老渓谷駅~観音橋

養老渓谷駅では1時間ほどの時間があったので、少し観光しました!

バスで粟又の滝という有名な滝まで行けるのですが、時間的に1時間では戻って来れなそうだったので、駅から歩いて20分ほどで行ける観音橋という橋を観に行きました。

バスで近くまで行けそうだったので、待っていると、恐ろしいほどぎゅうぎゅうに人を乗せたバスが…(;゚ロ゚)

粟又の滝から戻って来たバスらしく、GWの混雑でかなり遅延していたらしく、折り返しで上総牛久駅まで戻るトロッコ列車に乗る予定の乗客がいないか駅員さんが急いで急いでと、先に降ろしてもらえるよう誘導していました。

かなりの人数が乗っていて、全員降りるにもかなりの時間がかかってました。

全員降りきって、さて乗ろうとしたら、運転手さんから、「乗るの??」と声が…

バス停に並んでいた人たちがみんな????ってなっていると

「帰りのバスないよ?」

どうやらGWの混雑での遅延で滝まで行っても、帰れないようで、ここまで戻るのに歩いたら2時間くらいかかるとのコト(;゚ロ゚)

まだ15時過ぎだったので、養老渓谷で観光するなら早くから出かけるしか無さそうです。

とりあえず、バスに乗って温泉郷入口というバス停で降りたら目の前に観音橋が(´∀`)



f:id:ho8810:20180508195456j:plain

f:id:ho8810:20180508195617j:plain

f:id:ho8810:20180508195635j:plain

橋を渡って奥まで行くと、出世観音があるらしいのですが、時間の関係で行けず…。

ただ、天気も良くて、いい景色を堪能出来ました(≧∀≦)

f:id:ho8810:20180508195840j:plain

f:id:ho8810:20180508195900j:plain

山道を歩いて駅まで帰ります。

確かに歩いて20分ほどでしたが、行きはバスに乗って正解でした(笑)
バスだと3分ほどで片道170円です。

小湊鉄道で上総中野へ

急いで帰って来ましたが、列車は遅れていて待たされるコトに…。

さっきのトロッコ列車がバスからの乗り継ぎ待ちのせいでだいぶ遅れて出発したせいかもしれません(;゚ロ゚)

4両編成で来た列車はすいていましたが、養老渓谷駅で待っていた乗客でほぼほぼ座席が埋まる状態で出発。

五井駅まで戻る乗客も上総中野駅まで乗って折り返すようでした。
フリー切符持ってる特権ですね(´∀`)

駅員さんが「前寄り3両しかドアが開かないので、後ろに並べば4両目に移動できるからすいてますよー」って言ってたので一番後ろに並んでいたので、無事座れました。

ただ、上総中野駅では前寄りの2両からしか降りるコトが出来ないので要注意!

いすみ鉄道(上総中野~大多喜)

遅れていたせいで、いすみ鉄道への乗り換え時間が短く、慌てて乗り換えましたσ(^◇^;)

2両編成のこれまたレトロな車両!

f:id:ho8810:20180508201028j:plain
車内の広告は30年以上前の国鉄時代の懐かしいもの!

f:id:ho8810:20180508201137j:plain
座席の半分はテーブルで塞がれています。
レストラン列車として運転する時はこのテーブルで食事が楽しめるのかな?

車内は空席も目立ちすいていました。

いすみ鉄道も大原駅までの直通列車がなく、途中の大多喜駅で乗り換えです。

途中、都内から一番近いと言われる秘境駅「久我原駅」などを通って大多喜駅へ。

f:id:ho8810:20180508201443j:plain
大多喜駅での乗り換え時間はあまりないので、観光する時間はなかったですが、いすみ鉄道の車両が留置されていたりしたので写真をパチパチと。

f:id:ho8810:20180508201606j:plain
乗っていた車両。

f:id:ho8810:20180508201644j:plain
急行そと房としても運転されているのか、表記はそのままσ(^◇^;)

f:id:ho8810:20180508201804j:plain
2両編成のもう1両もレトロなオレンジ色の車両でした。

近くに大多喜城もあって、城下町として栄えたのか、房総の小江戸の門が。

f:id:ho8810:20180508202027j:plain
いすみ鉄道といえば、この黄色い車両ですね!

いすみ鉄道(大多喜~大原)

しばらくすると、黄色い車両が入線して来ました!

が、なんと1両編成!

運良く座れましたが、車内はぎゅうぎゅうでした(;゚ロ゚)

f:id:ho8810:20180508202320j:plain
今気づいたのですが、運転席の窓にムーミンがいますね!(´∀`)

車内には学生さんも多くいましたが、ほとんどが観光客のようで、ほぼほぼ大原駅まで満員御礼でした…。

f:id:ho8810:20180508202437j:plain
ムーミンとのコラボをしているのか、ムーミンのイラストが。

f:id:ho8810:20180508233412j:plain
何かのアニメともコラボしてるのかな?

何とか大原駅まで無事に到着!!
17:34着でした。

どうなるコトかと思っていましたが、房総横断出来ました!!(≧∀≦)

大原で食事を求めて

しかし、まともに食事も出来なかったので、腹ペコ。゚(゚´Д`゚)゚。

大原駅周辺で美味しいモノ食べたいと思って探していた夷隅ポークが食べれるお店ーー♪と向かいましたが、なんと14時まで(;゚ロ゚)

駅周辺を散策して良さそうなお寿司屋さんへ(´∀`)

房寿司

房寿司

f:id:ho8810:20180508202941j:plain
お客さんのいないお店が目立つなか、駐車場に車が止まっていたので入ってみましたが、お客さんおらず…どうやら従業員さんのだったようです(笑)

f:id:ho8810:20180508203113j:plain
しかし、地魚定食がこのボリュームで1500円(確かそのくらい)!

f:id:ho8810:20180508203227j:plain
地魚寿司も1300円(確かそのくらい)!

何の魚なのかは分からなかったけど、身がぷりっぷりで新鮮で美味しかった!!

いやぁ、満足満足(´∀`)

房総をあとに

帰りは、大原駅から上総一ノ宮駅までJR外房線の普通電車で行って、上総一ノ宮駅から快速の直通列車のグリーン車で武蔵小杉まで楽々帰宅!!

f:id:ho8810:20180508231806p:plain

上総一ノ宮駅での乗り換え時間が3分しかなく、しかもホームにグリーン券売機がなかったので要注意。゚(゚´Д`゚)゚。
グリーン券は事前に購入していれば780円ですが、車内での購入だと1040円(ホリデー料金)で260円も差があるので(;゚ロ゚)

始発なので必ず座れると思いますが、2時間乗るのでグリーン車乗っちゃいました(´∀`)

21時ちょい前に到着。

無計画で出かけた割にはじゅうぶん過ぎるほど楽しめた休日になりました!(≧∀≦)

ただ、電車の時間に追われて、観光する時間もご飯食べる時間も上手くとれなかったので、ホントに鉄ちゃん旅となってしまいましたがσ(^◇^;)

ゆったりとしたローカル線の旅と、キレイな景色を観れて大満足でした!

お出かけの際は、前もっての計画をするとさらに楽しめると思います!

電車の本数がかなり少ないので、計画的に!

いすみ鉄道は大多喜駅から大原駅まで1両編成でかなり混みましたので、ゆっくりのんびりなローカル線の旅って感じではなく、通勤電車みたいでしたが…。

逆に大原駅から五井駅までのルートでもオモシロいかもしれませんね(´∀`)

五井駅東口からはアクアラインを通って横浜駅まで結ぶ高速バスが出ていますし!
コチラは約1時間に1本程度で、所要時間は約1時間で、1650円です。



 
  • お問い合わせ

  • ブログランキング参加中
    にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ
    にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへ
    にほんブログ村 その他趣味ブログへ